スクリーンビュアー

概要

スクリーンショットを継続的に取得して、表示するソフトです
作業画面の一部をセカンドモニターに表示させる等に使用できます。

スクリーンショット

動作環境

Windows 7 / 8
※実行ファイルはWindowsだけですが、Pythonをインストールすれば、 ソースコードからMac、Linuxでも使用できます。

ダウンロード

OneDriveより

使用承諾

商用利用、改変、再配布、いずれも可能です。同封のreadme.txtをご参照下さい。
使用されているライブラリ「PySide」はLGPLで保護されています。

使い方

・ダウンロードのリンクからファイルをダウンロード
・screen_viewer.exeを実行
・screen_viewer.iniを必要に応じて変更

設定変更

screen_viewer.iniをテキストエディタ(メモ帳など)で開き内容を変更します。

time = 500
scaled = 0
width = 1024
height = 600

time:スクリーンショットを取得する間隔(秒)
scaled:スクリーンショットの縮小を行うかどうかを指定します。縮小する場合には1にします
width:縮小する場合の幅を指定します
height:縮小する場合の高さを指定します

縮小機能は、アルゴリズムが良くなく、ギザギザになり正直使えません^^;
要望があれば改良するかも?

screen_viewer.iniの読み込みが上手くいかない場合は、デフォルトの設定で実行されます。
設定が反映されない場合には、screen_viewer.iniの中身を確認してください。
全角文字が含まれていると読み込み失敗します。

ToDo

・マウスカーソルの表示

更新履歴

2015/6/14
公開