スクリーンショット自動切抜きソフト

概要

PrintScreenによってクリップボードに保存されるスクリーンショットを、自動で指定した範囲に切り抜くソフトです。

設計ソフト、解析ソフト等を使った結果をレポートする時、コンター図や設定図などある範囲のスクリーンショットをWordやExcelに貼り付ける作業を繰り返す時、ないですか?そんな作業を効率化します。

特徴

  • PrintScreenを押したときにクリップボードに保存される画像を指定範囲に切り抜きます。
  • タスクトレイに常駐するソフトです。
  • クリップボードに保存する画像データのサイズを変更することが出来ます。

動作環境

  • Windows 7/8/10 (32bits)

ダウンロード

OneDriveより

使い方

  • ソフトを起動するとタスクトレイにアイコンが表示されます。
  • アイコン上で右クリックすると、メニューが表示されます。
  • 「設定」をクリックして、設定ダイアログを表示します。
  • 設定ダイアログ
  • 設定ダイアログで切り抜き範囲を指定してOKを押します。
  • PrintScreenボタンを押すと、スクリーンショットが切り抜かれた状態でクリップボードに保存されます。
  • ペーストで必要な場所に貼り付けます。
  • 終了するときは、アイコン→右クリックのメニューで「終了」を押します。

使用承諾

  • 個人/団体/社内利用を問わず、無償でお使い頂けます。
  • 著者、使用条件を明示する場合に限り、複製、再配布することができます。
  • 改変及びデバックのためのリバースエンジニアリングが可能です。
  • 本ソフトウェアを使用したことによって生じたすべての障害・損害・不具合等 に関して、一切の責任を負いません。各自の責任においてご使用ください。

使用ライブラリ

PySide
https://wiki.qt.io/PySide
ライセンス:LGPL version 2.1

Python Imaging library
http://www.pythonware.com/products/pil/
ライセンス:PIL Software License

pyHook
https://sourceforge.net/projects/pyhook/
ライセンス:MIT

更新履歴

2017/10/1
公開